便秘

便秘多くの方が密かに悩まれています。( 生活習慣を改めましょう。)

 新しい「便秘薬」が開発されました

腹痛、腹部膨満感、腹部不快感から解放されましょう

 

A.便秘を防止する方法

 1、便意を我慢しない。( 大腸が排便信号を止めてしまう。)

 2.食事の量をへらさない。( 食物繊維をとる。豆類,海藻、果物など )

 3.アルコールを飲まない。( アルコールは少量でも 肝臓障害を起こし、腸を動かす胆汁分泌少なくなる。)

 4.甘いものは控える

 5.睡眠を十分とる(8時間おすすめ)〈8時間睡眠後、腸の動き良くなります。)

 6.寝る前に食べない。( 睡眠が浅くなります。 )

 7.お腹を温める。( 腸は温度に敏感、腹巻を勧めます。)

 

 

B.便秘の分類

 

1.原発性便秘.(機能性便秘)・・・・多くの御婦人方が悩まれています。

   a) 弛緩性便秘:太くて固いウンコ   

     1)過酸化マグネシウム(腎臓わるい方は使わない)、

     2)アミテーザカプセル

     3)ラックB( ビフイズス菌製剤)

     4)ラキソベロン

     5)センナ、プルセニド

   b)けいれん性便秘:ウサギのウンコ(丸くてポロポロ)

     1) コロネル

     2)トランコロン

     3)セレキノン

     4) アミテーザカプセル

   c) 直腸性便秘 (肛門の近くでウンコがとどまっています)

     1)レシカルボン坐薬

     2)テレミンソフト坐薬

     3)グリセリン浣腸液

     2)テレミンソフト

2.器質的疾患(大腸がん)基礎疾患(神経疾患)薬物(抗精神病薬)による続発性便秘

     医師と相談する必要があります。