食中毒

食中毒
  夏は細菌による感染性胃腸炎があります。十分加熱調理しない食品から発病します。十分過熱をしましょう。

  (アニサキスは虫です。刺身についてきます。食後数時間で腹痛が起こます。)

  秋は毒キノコによるもの。しかし10月まで感染性胃腸炎は発生しています。

  冬はノロウイルスによって起こります。

  ノロウイルスはアルコールでは殺菌できません。「塩素を出す洗剤」ハイターで殺菌できます。、
  
   患者さんの吐物、便から感染します。

  ノロウイルスのおそろしさ。

  潜伏期間;12~48時間

 症状、1~2日で症状が軽快するといわれますが、その方の健康状態によって長びくことがあります。

 

    悪心、嘔吐、腹痛、下痢が起こります。
                                                           下痢は水みたいな(水様便)で、ウイルスによる下痢の特徴です。
                                                          治療  下痢による脱水を改善する必要があります。


    特に、小児、高齢者に対しては脱水症を念頭に慎重に治療します。
                                                          ウイルスに対しての抗生剤はありません。


   症状を改善する薬
    整腸剤;ラックB,吐き気;ナウゼリン、その他;五苓散

   (細菌性下痢にはホスミシン、クラビット、ロセフインを使います。)

その他  症状が治癒されても、ノルウイルスは1週間から10日間は排せつ物に見られます。