花粉症

花粉症

 

福島では紀元節(2月11日)が、花粉症防止に抗アレルギー剤を服用する日にしていましたが、今年は意外と早く花粉が出てきました。

早速、今夜からでもよいですから、抗アレルギー剤を服用してくださいたいせつなことは、薬を中断しないlことです。

原因

 スギ、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ、シラカンバ、はんのきの花粉で起こります。

症状

 1)発作性反復性くしゃみ、

 2)ハナミズ

 3)鼻閉

 4 )目のかゆみ、

 5)流涙

これら症状複数あると花粉症と診断されます。

  花粉により、数分後から症状が出ます。

  受診して、皮膚テストがなされます。

  ヒフテスト、血液中のアレルギー抗体IgEの有無を調べます。アレルギーあれば、IgE抗体が出ますが、アレルギーがなくなるとIgEは消えます。

治療

1)第二世代抗ヒスタミン剤、タリオン、アレグラ、

 1か月で効果が得られないとき

2)オノンカプセル

  それでも効果がないときは、専門医を受診することです。